病棟

脊柱管狭窄症はリハビリで完治する|諦めないことが肝心

若い女性に多いがん

カウンセリング

子宮頸がんは若い女性に多く発生しているがんです。進行が遅いのが特徴で、早期発見できれば子宮の機能を残した手術も可能です。検診に補助金を出している自治体や健康保険組合もあるので、積極的に利用したいところです。

View Detail

脳に不安がある場合の対策

診断

脳の病気の中には突然発症するものもあります。しかし、脳ドックを受けることで事前に発見出来るケースも多いので、ぜひ受けてみることをおすすめします。京都で脳ドックを受ける病院を探すには、病院の検索サイトで探したり脳ドックを受けた人の口コミを参考にすると良いでしょう。

View Detail

神経痛を引き起こす病気

相談

脊椎の中が狭くなる

脊椎は身体全体を支えるという重要な役割を持つ骨ですが、同時に中枢神経を保護する役目も担っています。脊椎は椎骨と呼ばれる骨が縦に重なってできています。この椎骨の真ん中には、縦に開いた空洞があります。この空洞を脊柱管といいます。脊柱管には脳から続く脊髄が通っており、腰椎のあたりで馬尾という神経束につながっています。この馬尾からさらに下半身へと続くのが坐骨神経です。脊柱管が正常な状態よりも狭くなると、神経を圧迫して痛みなどを引き起こします。これを脊柱管狭窄症といいます。発症の原因はさまざまですが、大半は一種の老化現象です。脊柱管狭窄症は重症の場合は手術が必要となりますが、保存療法による改善例も多く見られます。適切なリハビリを行えば、さほど不便を生じることなく病気と付き合っていくことが可能です。

運動療法で改善を

脊柱管狭窄症の発症例はその多くが腰椎部分に集中しています。したがって、治療やリハビリの手法も腰部の症状改善を目的としたものが大半を占めます。脊柱管狭窄症の保存療法では、コルセットで腰を固定し、痛みの出にくい姿勢を保つといった方法が取られます。ただし長期間固定したままでいると筋力が落ちてしまうことから、必要に応じてリハビリを組み合わせる必要があります。リハビリには2つの目的があります。1つは筋肉の増強です。これは、先述したように筋力の衰えを回復するため、そして筋量を増やして体幹を安定させ、無理のない姿勢を取れるようにするためです。もう1つは柔軟性の回復です。組織が柔軟性を保つことで、血流の改善がもたらされます。

血液のがん

先生

悪性リンパ腫とは、血液のがんです。はっきりとした原因が分かっていないので発症を予防する方法もわかっていません。早期発見をして治療をすることで治る可能性が高くなります。首や脇の下、足の付け根などのリンパ節の多い所にしこりが無いか確認し、定期検診・血液検査をすることが大事です。

View Detail